読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【海外ドッキリ】カナダのドッキリ番組Just For Laughs Gagsの2016年まとめ

ここ一週間インフルエンザでダウンしておりまして記事の更新が滞っておりました…申し訳ありません(´・ω・`)

今日はダウン中に笑わせてもらったカナダのドッキリ番組"Just For Laughs"のご紹介。

街の中に隠しカメラを設置し、街の人々にちょっとしたいたずらをするという、いわゆるドッキリ番組。 番組中に音楽は流れるが、人々の会話といった音声はほぼカットされ、笑い声といった効果音が入る。 撮影は主にモントリオールの下町やケベックで行われることが多いが、アメリカ合衆国やメキシコで撮影された回もある。

Just For Laughs Gags - Wikipedia

この番組、カナダでは有名なご長寿ドッキリ番組のようで、YouTubeで探してみると相当な数の動画が見つかります。

日本では芸能人がドッキリをかけられることが多いですが、この番組のターゲットは基本的に通行人とか買い物客みたいな一般人。

日本でもモニタリングは一般人をターゲットにしてますが、結構緩めのドッキリですよね。でもこの番組は違います。一般人に対しても水はかけるは、追い回すわとやりたい放題。日本でやると確実に問題になりそうなレベルであります。

ただ、仕掛け人のおじさんや女性、子供は毎回同じで、番組も有名なことからドッキリが始まった時点で察してるターゲットも多いような気がします。仕方なくかかってあげる感じですね。それも含めて面白いんですが。

日本のドッキリはたまに悪質というか、かわいそうになってくるものもありますが、Just For Laughsのドッキリは死ぬほどしょうもないですが、逆に飽きませんね。

公式チャンネルの2016年まとめ動画が上がっていたので貼っておきます。

 

youtu.be